チャンネルプロフィール
【放送概要】
SimpleLiveの低遅延を活かして、Kyoshin EEW Viewer、Quail Eggs、BDStation、P2P地震情報などを用い、
リアルタイム24時間地震情報を監視していく放送です。

放送詳細の方にも書いていますが、この放送はBGMなどありませんのでPC作業中に開いていてもお邪魔にはなりません。
地震があった場合にのみ音声で通知いたしますのでデスクトップの片隅にでも開きっぱなしにしておいて頂けると良いかもしれません。
もちろん「おぉ?今の揺れはなんだ?」という時に開いてもらっても構いません。

【放送の見方&聞き方】


(※画像およびリンク先提供のてぃるさん、ありがとうございます!)
① 強震モニタExtension(左側にある背景が黒の日本地図)
・表示:地震判定がなされるとその地域を四角い枠で表示(地震の揺れの強さにより、それぞれ順に緑色黄色赤色で表示)
・音声:ピッピッ(現在設定している予想震度1のエネルギーを超えた場合)/ティロリロン(四角い枠が表示された場合)
・速度:強震モニタ速報がある場合は一番最初に読み上げ(not棒読みちゃん音声)

なお強震モニタ速報は気象庁発表の震度とは異なります。

② KEV[Kyoshin EEW Viewer](中央上部にある背景青の日本地図)
・表示:高度利用者向け及び一般利用者向け緊急地震速報が受信された場合、各地の予測震度、地震(P波/S波)の伝わる予測円を同時表示
・音声:ぽわーんぽわーんorビコビコっといった感じ/サイレンの様な音が鳴った場合は一般利用者向け緊急地震速報を受信
・速度:気象庁の発表速度に依存しますが、大抵の場合①とほぼ同時に描画

※現在居る地域に対象地域が近い場合は…
速やかに机の下に潜るなどして身の安全を最優先に確保してください!

③ Quail Eggs(右上側にある各地震の震度履歴表示)
・表示:気象庁発表によるマグニチュード、震源の位置及び震源の深さ、最大震度の表示
・音声:VOICEROID+結月ゆかりの音声で「先程の地震に関する、各地の震度情報を受信しました
・速度:Yahoo!地震情報更新後

④ BDStation(右下側にある地図)
・表示:気象庁発表のマグニチュード、震源の位置と最大震度のあった地域を文字と地図で表示
・音声:気象庁発表による各地の震度を合成音声で読み上げ
・速度:一番最後に表示及び読み上げ

【強震モニタって?】
 “強震モニタは、防災科研が全国の強震観測網(強い揺れを記録するための地震計のネットワーク)の地震計で観測した今現在の揺れを、そのままに近いかたちで配信しているWebサービスです。
  「最大加速度」や「リアルタイム震度」といったデータを、揺れの大きさに応じて青から赤の点で地図上に表示し2秒毎に更新することで、動画として地震の揺れの伝わる様子が直感的に理解できるように工夫されています。青や濃い緑で表される揺れは人間には分からないほど微弱ですが、黄緑程度から人間に感じられる揺れとなり、橙から赤に近づくほど強い揺れになります。”

【緊急地震速報ってなに?】
まず種類としては一般利用者向け緊急地震速報と高度利用者向け緊急地震速報の2種類があります。
違いを簡単に言うと「NHKで流れたり携帯電話で受信したりする」のが一般利用者向けで「地震波が2点以上の地震観測点で観測され、最大震度が5弱以上と推定された場合に発表」されます。
対して高度利用者向けの場合は「気象庁の多機能型地震計設置のいずれかの観測点において、P波またはS波の振幅が100ガル以上となった場合」や「マグニチュードか3.5以上、または最大予測震度か3以上である場合」に発表されます。
詳しく知りたい方は気象庁の「緊急地震速報について(Q&A)を御覧ください。

【配信PCスペック】
機種名:Apple Macmini Server(2011Mid)
CPU:Core i 7 2635QM
GPU:IntelHD3000
MEM:8GB
OS:Windows10Pro(BootCamp)

【配信設定】
解像度 1280x720 FPS20 映像ビットレート750kbps 音声ビットレート24kbps 使用ソフトOBSスタジオVer0.4.0ビルド版
使用プリセットてぃる氏制作 SimpleLive_SF010_OBS_modified-v2_20fps_Rank1_LL_S