• sumside [id:3] |
    それでは

    2017年03月27日 0時27分18秒

  • sumside [id:3] |
    うん、わからん

    2017年03月27日 0時27分11秒

  • sumside [id:3] |
    外部モニターだとちゃんと動くってことかいな?そんなばかな

    2017年03月26日 23時56分44秒

  • sumside [id:3] |
    ミキサーに繋いでないので音は適当です、申し訳ない

    2017年03月26日 23時55分23秒

  • sumside [id:3] |
    再テスト

    2017年03月26日 23時53分44秒




チャンネルプロフィール

■今日のテスト配信

・Jamendo Music( https://www.jamendo.com/start )、CC(クリエイティブ・コモンズ)の対応曲で配信。
・CCの種類は念のためBY、SA、NCの曲で構成しNDは省いています。
・楽曲表示、試行錯誤中です。
・Z2(物理masterout)→Macbookproへの音声入力用IF変えてみてのテスト中
・違うレイアウトとかで負荷テスト(VJツール重すぎ;;)




■低スペックマシンでの負荷や映像を見て設定を考える。

□実験材料
・CPU:Q9550 OS:win10Pro RADEON HD5850 
・MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)
・Acer W4-820 Win10ProZ3740 1.33GHz(Boost1.85GHz)
・DELL inspiron9300 PenM 2.16GHz Geforce Go 6800


■主な放送ツール

Win10:VTF氏製簡易インストール版 obs-studio
Mac:公式OBS Studio
※プリセットはてぃる氏製SimpleLive_OfficialSettingFilesや因幡氏製プリセットを主に使用。


■放送設定
  ※以下は推奨設定ではないです。こうしたらどうなるかな的な実験を随時おこなってます。
     この設定ならこんな映像や色なんだなってご参考になれば幸いです。
  ※機能してないパラメーターもありますが実験的に試しているだけなので気にしないでくださいませ。



CPU:Q9550 OS:win10Pro
RADEON HD5850

OBS:VTF氏製OBSS簡易インストール版0.5.1
x264オプション:以下設定
※てぃる氏製SimpleLive_OfficialSettingFiles_v0.68betaや因幡氏製FFmpegMODv2ver1313参考に下記パラメータで実験。
※一行一コマンド式が使いやすいので拡張子「.ffpreset」で保存して使ってます。

ref=2
subme=3
merange=4
mixed-refs=1
trellis=0
bframes=3
b-adapt=1
weightp=1
keyint=350
level=-1
min-keyint=90
rc-lookahead=30
scenecut=60

ビットレート:1280kbps(映像1184+音声96)
バッファサイズ:none
CRF:21 キーフレーム:0
CPUプリセット:veryfast
プロファイル:high
キャンパス解像度:1280x720
スケーリング解像度:768x432
縮小フィルタ:ランチョス
カラーフォーマット:NV12
YUV色空間:709
YUV色範囲:一部
30fps

※ゲーム解像度は1280x720のものが多いです。
※艦これは元が800x480のようなので基本(キャンバス)解像度854x480にしてます

・できるだけぎこちなくなるように・・・
(あくまで古いPCでの話。現行のミドルからハイスペなら60fpsにした方が、ビットレートも高く、
    遅延も少なくできると思います。)
1.CPUクロックの固定:Win10ではチップセットドライバーに専用のものがないせいか完全にはできず。
2.ビデオカードのクロック固定:旧ドライバーやらなんやらでまだ途中。
3.いろいろ割り込みが入りそうなタスクを停止。
4.warframeを30fps固定に。
5.OBSでのバッファを多く取り、その分ビットレートを下げてみたりプリセットの数値を試したり。
6.色味が気になる。いろんなパターン、ブラウザ、再生ソフト、グラボのダイナミックレンジ切り替えで確認中←今これ


MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014) macOS10.12.2
2.6 GHz Intel Core i5 Intel Iris 5100? Graphics

OBS:公式18.0.1
x264オプション:merange=4 bframes=1 mixed-refs=1 ref=2 scenecut=60 keyint=350 min-keyint=90 subme=3 threads=3 trellis=1
ビットレート:1280kbps(映像1152+音声128)
バッファサイズ:1536
CRF:21 キーフレーム:0
CPUプリセット:veryfast
プロファイル:high
キャンパス解像度:768x432
スケーリング解像度:768x432
縮小フィルタ:バイキュービック
カラーフォーマット:NV12
YUV色空間:709
YUV色範囲:一部
※ウィンドキャプチャだと謎の負荷がかかるので画面キャプチャしクロップで対処。
※Camtwistを使用しゲームキャプチャ(サイフォン)だと軽い、が、フィルタを使うとブラックアウトする(検証途中)。
→対象のソース(ゲームキャプチャ(サイフォン))のプロパティにある透過を許可でフィルタを使用できるようになりました。(その後透過フィルタ許可しなくてもできるようになった、謎)
※Camtwistは音楽放送だけに使っています。
※ゲームのソースにフィルタ→色補正→彩度+0.10
※ソースにフィルタを追加するときに順番を気をつけないと画面がぼやけたりすることがわかった。
(例:「スケーリング/アスペクト比」、「色補正」の順だと画面がぼやけるが、「色補正」、「スケーリング/アスペクト比」の順番だとぼやけない)
※画面キャプチャ→フィルタでクロップするより、画面キャプチャ→プロパティからクロップした方が負荷が低い?かも。
※艦これは元が800x480なので720x432にスケーリングしています。


Acer W4-820 Win10Pro
Z3740 1.33GHz(Boost1.85GHz)

OBS:VTF氏制OBSS簡易インストーラー版0.4.0
x264オプション:ffmpegMODv2-balanced-30fps-0
※因幡氏製FFmpegMODv2ver1313より
※colormatrix=bt709
ビットレート:896kbps(映像832+音声64)
CRF:21 キーフレーム:0
CPUプリセット:medium
プロファイル:high
キャンパス解像度:640x360
スケーリング解像度:640x360
縮小フィルタ:ランチョス(ソースのフィルタ→スケーリング/アスペクト比追加で640x360に)
カラーフォーマット:NV12
YUV色空間:709
YUV色範囲:一部
※艦これは元が800x480のようなので600x360にスケーリング(フィルタのエフェクトフィルター追加で)
※外配信時はビットレートを500kbpsぐらいまで落としてます。